2017年03月08日

フェリージの8637は大傑作

社会人になるにあたって、就職活動の際にリクルートスーツと併せてビジネスバッグなる物を購入する方が多いかと思いますが、最初は仕事で使うとなると結構無難なデザインを選びがちですよね。

ただ、普段使いのカバンであれば、ある程度は自分の好みを反映させることができるのですが、無難なデザインを選んだばっかりに、数か月働くうちに、すれ違うビジネスマンの持つバッグに目移りしちゃうことってありますよね。

かく云う私も、無難なカバンを購入した後に、他の人が持つカバンに
目移りしちゃう、、、なんていうのが経験がありました。

ビジネス用途といえども、控えめながら、お洒落でカッコいいカバンというのはあるわけなんですが、ただ、何れは欲しいな、買おうかな、とおもっていても、一度カバンを買っちゃってると壊れるまではガマンしようか、、、なんて腰も重たいのが常。

それだったら最初から気に入ったヤツを買っておけばよかったなぁなんて思う事もチラホラありますので、この春から新社会人となる若者の為に、最初から狙うべきカッコいいビジネスバックをご紹介したいと思います。

各社のビジネスバック(一泊用)については、コチラに詳細が記載されておりますが、一泊用にとらわれず、日帰りとか、ブリーフケース目的で、、、となれば、俄然フェリージがおススメです。

というのも、ナイロンの素材感と革のコンビネーションっぷりたるや、近年のレザー×ナイロンといったコンビデザインの走りではないでしょうか。

また、使われている革やステッチの正確さから見ても、多少値段は張りますが、品質面とコストのバランスは非常にいいのではないでしょうか。
さらには短期間で使い捨てる前提のバッグではありませんから、使えば使い込む内にレザー部分が渋く変化するエイジングまで楽しめちゃいますし、なんせ女性からのウケもイイですよね。

逆にフェリージのカバンの人はチョット、、、という人もあまり聞いた事がありません。

詳細は下記のリンクを参照頂ければわかると思いますが、クラフツマンシップ溢れる作りこみですよ!

フェリージの8637の使い勝手と、作りこみポイントについて

そういえば、ハンドルの気持ちよさでいうと、コーチのトートバッグもイイ感じでした。
やはり革はモチモチとした革が気分が上がって気持ちいです。
posted by たか at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: